2018-02-17 11:01:00

 

音楽を学ぶことは、人を学ぶことであると感じます。

私は、今までにドイツ、フランス、またロシア音楽を学びながら、

常に「自らの人としての成長」を実感しながら、過ごしてきました。

反対に、それ自体が生きる喜びであり、音楽がその為でなかったの

なら、やりがいをあまり感じられなかったかもしれません。

 

私のフランス留学経験をもとに、特にフランスでの指導者、または学校

とのつながりがあります。

とりわけ、エコール・ノルマルで最後に師事したポール・ブラシェー先生は、

私からも推薦したい素敵な指導者の先生です。

 

◆エコール・ノルマルwebサイトより

http://www.ecolenormalecortot.com/enseignants/paul-blacher/

 

彼自身エコール・ノルマル出身で優秀な成績をおさめ、その後フランス・クリダ先生、

アルド・チッコリーニ先生のアシスタントとして長年つとめてこられた方です。

音楽の伝承という意味では、バックハウス、フランソワ、ケンプ、ホロヴィッツ等

往年のピアニスト達の演奏を生で触れてこられました。クラシック音楽に関する知識は、

彼以上の知識を持った人を私は知らないというほど、持っておられます。

 

そもそも、なぜフランスに留学されたいですか。

食や言葉、美術や人、建築物... フランスに住むだけで、音楽以外の様々な異文化を

学ぶことができます。フランスの中で、あれもやりたい、これもやりたい、そのうえで

自分のピアノを一番頑張りたい、そのようなピアノ学習者を私は100%応援したいです。

ぜひ、おためらいなく、些細なことでも、(Contactフォームより)お申し付けください。

 

2018年2月17日,  田口翔